FC2ブログ
思ったり思わなかったり。
日記と称した自分メモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
引っ越したりするよ。
4月の中旬ぐらいに引っ越したりします。
また近くなんですけどね☆

いっしょに暮らす友人との兼ね合いとか料金とか
元から入っていたスケジュールとかと合わなくて平日にお引っ越しになりそうなのですが
それを上司に言ったところ「平日に休んでするのはダメ」って雰囲気丸出し。
有給ってそういうときに使っちゃだめなの?
みんなの話聞くと有給使って旅行に行ったとかあるんだけどそれは悪いことをしてるってことなのかしら?
有給ってなに?
→有給休暇

最終的に休ませてくれるなら最初にそんな風に言わなければいいのに。
いちいち言わないと気が済まないんだろうなー。

今回は
「もっと早くから決めておけばいい(土日にできるように)」
「すぐ終わるでしょ?(運ぶだけ運んで会社に来いってことらしい)」


彼はおそらく「有給は病気・冠婚葬祭にしか使わない!!」っていう
ポリシーの人なんじゃないかと思うのでそういうのがいやなんだと思います。

自分は言ったことで溜飲が下がるんでしょうけど、
朝一で言われた方はかなり嫌な気分になるのになー。
とか言ってももちろん言い返したりしますけど。
スポンサーサイト
【2006/03/31 22:01】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) |
トルネードス開幕戦で花見
暖かくなってきました。
うちのチームもシーズン突入です。

哲学堂で今年一発目の試合でした。
久しぶりに相手のエラーじゃなくて
打撃で点数をとって勝った試合となりました。
幸先いいスタート☆
このまま行きたいものです。

私は5.6回に登板したわけですが、
スリークォーター気味(たぶんそこまでサイドじゃない)な
フォームに変えたせいか二の腕・上腕三頭筋付近に痛みが。
角度によってはあまり痛くないところもあったのでだましだまし投げました。
うまいこと引っかけてくれたので、1ヒットのみで抑えられてよかったす。
妹の見解では「最近筋トレを怠けてるせい」と。
ごもっともな感じでございます。
寒いと怠けちゃうのよねぇ。
暖かくなってきたからバリバリ鍛えるわ!

試合終わって花見。
哲学堂よりもうちょっと中野よりの新井薬師公園にて。
10時ぐらいのスタートだったのであまり人もいなくて
ちょっとさみしげ、と思っていたらお昼ぐらいには大にぎわいになっていました。
数名は結局17時ぐらいまでだらだらしていたり。
男の子は途中でねちゃったり帰っちゃったり(中には用事のある人も)したわけですが
女子は全員最後まで(笑
いやはやパワフルですわね。
【2006/03/26 16:32】 | 野球 | トラックバック(0) | コメント(4) |
WBCかと思いきや女子野球の話
世界一ですね。
全力でなげる松坂すてきやったわー。
川崎のクロスプレーしびれたわー。

でも今日は女子野球の話。

昨年受験した女子公式野球のセレクション今年も3/18.19と行われました。
→去年のセレクションについてのエントリー

前回受験したときに知り合った方が今年も行かれたということで
どんな感じだったかとお聞きしたところ昨年にもましてひどい。

ピッチャーでの受験ですが「バッティングピッチャー」として10球投げただけ。
(ちなみに昨年はブルペンで2人ずつ、でした)
しかも
・変化球禁止
・スパイク禁止
変化球についてはバッティングテストも同時にやっているため(バッティングピッチャーだからね)
スパイク禁止はマウンド以外が削れるから、ではないかと思います。
完全に運営側が楽をするためでしょう。

女子のピッチャーで変化球見ないってどうです?
それを武器にしてる女のコは多いんじゃないかと思いますよ?
プロ野球だってストレートのみで押せるピッチャー少ないのに。

前回、テストが終わったときに「上手い選手はちょっと見ただけでわかる」と
おっしゃってた方がいました。
確かにそうです。
スローイングやスイングで大体わかるもんです。
その上、大会などで大体の目星もつけてらっしゃるんでしょう。
全日本の選手を選ぶわけですから当然といえば当然。

基準を甘くしろと言っているわけではありません。
募集要項に「野球が好きな女性」としてるということは女子野球振興も目的の一つとしてあるのでしょう。
だから特別な規定を設けていない。
野球が好きな女性なら誰でも受験できるようになってるんです。

おざなりなテストをするなら、何らかの規定を最初に設けてはどうでしょう。
バッティングピッチャーとして10級だけ投げるために遠方から千葉まで来たわけではないと思いますよ?
前回お話した方で沖縄から来てる人もいました。
きっと今回も遠くから来てる方もいるはずです。

せめて「今日はテストを受けたぞ!」と思える程度にはできないものでしょうか。

あ、それから「代表」と「その他大勢」的な雰囲気も変わっていなかったそうです。
優越感って怖いですね。
【2006/03/24 15:33】 | 野球 | トラックバック(0) | コメント(2) |
台北4日目*最終日
最終日。
寒い。
寒いよ。あと雨。
なんだよ雨。

9時にホテル出発なので早起きしてホテル近くの廟へ行きお参り。
ホントは「行天宮」とか「龍山寺」(廟じゃないけど)に行きたかったよぅ。
時間なさすぎ!

さらに近くのコンビニでおみやげにお菓子を購入。
定番の麺類と甘い物。
おみやげっていってるけど自分が欲しいんだよね。こういうのって。

ホテルをでてデューティーフリーへ。
松山空港近く。
忘れてた人の分とか自分の分とか買ってみたりする。
ちょっと周りをぶらぶらするが何もないよぅ。

空港へ。
ちょっと時間が空いたので最後の台湾メシとばかりに
牛肉麺を食べる。
空港のお店だからなーとちょっと侮ってたんですがうまい!

16:30成田。
成田エクスプレスが途中で止まってしまい(原因は在来線のトラブル)
結局帰ったのが10時ぐらい。

たーのしかったー!!
おいしかった!
父母おじちゃんも楽しんだみたいでよかったです。

また絶対行く!
絶対に行くよ。
【2006/03/13 16:09】 | | トラックバック(0) | コメント(1) |
台北3日目
朝はホテルでの食事。
私はまたしてもお粥。
お粥うまいわ~。

まずは故宮博物院へ。
MRT士林
駅からタクシー。
到着するとちょうど開館時間の9:00でしたが、
分乗したもう一台の組が来ていない。
しばらくすると「違う場所に降ろされた~」と登場。
故宮博物院は改装工事中で入り口が西側になってるのね。
違うとこで降ろされたほうは正面入り口のほうだったみたい。

改装中ということもあり1/3ぐらいしか公開されておらず
割と早めに見れました。
チベット仏教の経典とかステキでしたよ。

おじちゃんはちょっとじっくり見ていたので
若者グループ、外で待っているとタクシーのおじいちゃんに客引きされました。
まだ帰らないのと断ると、今度は座っていたおっちゃんに手招きされました。
行ってみると大阪から来てるおっちゃん。
現地の人かと思ったよ!
おっちゃんはもう4回目らしく、今回は一緒に来てるのが元先生の人で
「故宮博物院で4時間くれ」って言われて時間つぶしてるんだって。
おっちゃんに士林の夜市の中の鉄板焼き屋がおいしいと教えてもらう。
アダルトチームと合流して正規の入り口付近にある建物でも
展示があるというので入る。
チケットが一枚見つからないというハプニングがありましたがどうにか中へ。
白菜!!
ここにいたのね。
どうりでさっき見つけられなかったはずだわ。

タクシーで再び士林の駅へ。
お腹が空いたのでなにか食べようとうろうろ。
鶏肉屋さん(焼いた鳥まるごとが店のショウウィンドウに!)に
入りたかったが母は鶏肉がだめなのでその近くにあったお店へ。
外側はテイクアウトとかしてて屋台みたいだったのですが
中にはいるとなんとおしゃれ中華。
おいしかったですよ。普通に。
このぐらいから何となく私の中国語も通じて来たり。
不思議じゃ。

士林駅近くにはちょっとした市場みたいなのがあって
すごく入ってみたかったけど時間もないので移動。

台北駅南側MRT台大医院駅付近の国営のおみやげもの屋さんへ。
中国の「友諠商店(外国人向けのお店)」っぽい。
10年以上も前の話なので今はどうかしらんけど。
店の外にでるとなにやらにぎやかしい。
壮大なクラシックみたいなのとか太鼓の音とかが聞こえてきます。
帰ってきてわかったのですが国民党のデモ
だったようです。
もっとちゃんと観察してくればよかった。
(このデモに関して→台湾的生活新聞様

台北は都会なのでザ・台湾ってものがあまりなかったのですが
ここではお土産に良さそうなものがたくさんありました。

父とおじちゃんと別れて(ホテルに戻った)西門へ。
若者がいっぱいで面白かったよ~。
路地に入ると小さいお店がいっぱいあって
ピアッシングとかタトゥーとか出来たりするところもありました。
コアな兄ちゃんとかもいたりして。
安くてかわいい服とか小物とかあったら買おうと思ってましたが
疲れてしまってあんまりお店も見れず。
結局戦利品は「鳳梨酥(パイナップルケーキ)」だけ。
いや、でもこの鳳梨酥がうまいんすけどね。

16時30分ぐらいにホテルに戻る。
夜市に出かけようと思っていたがちょっと休憩。
部屋でごろごろしながらテレビを見ていたら
ワンピースが。
そうか日曜の夕方だもんね。おこちゃまタイムだ。
バンコクではコナンみたなーそういえば。
すげーな日本アニメ。
ルフィの声は日本の声優さんと似てましたよ。

ワンピースが終わったところで士林夜市へ。
一番行ってみたかった夜市です。
到着するともうけっこうな人です。
それだけでわくわくしてきます。
とりあえずは腹ごしらえ、と美食街へ。
ちょっと見物して、まずはオーアーチェン(カキのオムレツ)。
持ち込みいい?って聞いてみるが断られる。
ざーんねーん。
ともあれオーアーチェンとビールで乾杯!
(帰国後、弟がカキにあたったことが発覚。※1)

で前日に、大阪のおっちゃんにきいた鉄板焼き屋に行ってみるけどカウンター席のみで
しかもいっぱい。
なのでちょっと奥の鉄板焼き屋に。
ビールと海鮮ものでけっこうお腹がいっぱいに。
どれもおいしかった~。
私は愛玉(激うま!日本でもぜひ売って欲しい。)を
妹と母は念願のかき氷を。
ちょと寒かったのですが食べてました。

腹もくちくなり外のをぶらぶら。
こちらもスゴイ人。
服とか靴とかアクセとかの小さい露天のお店がいっぱい。
こっちにも食べ物の屋台がいっぱいでした。
もっと食べたいのに!自分の腹がにくい。
弟が手作りの革のブレスレットを買ってました。
かわいいお兄ちゃんから。
今回の旅での一番のイケメンだね、と妹談。

父母が明日の朝は早いということで
早々に戻る。
もうちょっと見たかった~。

帰ってまたマッサージ。
昨日と同じお店。
すっきりしたところで就寝。

※1 私・妹・弟とカキのノロウィルスの洗礼を受けているわけですが
   とりわけ胃腸の弱い妹・弟はもはや1.2個でもお腹を下すのに
   調子にのってガンガン食べてしまったのです。
   父母は平気なのになー。
【2006/03/12 15:54】 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
台北2日目
短い滞在時間で台湾を満喫するために7時に食事。
ほんとは早餐を屋台とか地元のお店でしたかったけど、
みんなにはきついかなと思い普通にホテルで。
でもおかゆとかおいしかった~。
フルーツはパッションフルーツとかスイカ。

9時ぐらいにつくように中正紀念堂へ。
実に中華的な建造物。敷地も広い。
それにしても暑い。
ノースリーブでいいぐらい。

9時に紀念堂の扉が開いて中で衛兵が見張りの位置につく。
すごく高さのある厚さ30cmほどの扉が徐々に開いていく様はちょっとゾクゾクしました。
ホントは衛兵の交代も見たかったんだけど今回はあきらめる。

そこから歩いて総統府へ。
とても素敵な建物。ちょっと東京駅っぽい。
同時代ぐらいなので当たり前かしら?
ここでも見張りの人たちが。ここのほうが圧倒的に多い。
後ろにとまっていた車で憲兵の人たちだとわかる。
そのまま裏の「国軍歴史文物館」へ。
ちょうど憲兵展をやっていた。
若い女の子がなぜか多くて、現在の憲兵のSATみたいな人形と写真を撮ってた。
なんかドラマとかやってるのかも。

そこからタクシーに乗って今度は迪化街(てきかがい)へ。
ちょっと時間が早くてあまりお店が開いていない。失敗。
しかも漢方のにおいにやられ気味。
早々に台北駅へと向かう。
新光摩天展望台に登ろうとしたけどやってないみたいで残念。
ご飯を食べるために三越の裏ぐらいへ。
チェーン店ぽい牛肉麺屋さんへ。
八角が利いてておいしい。
弟とおじちゃんは八角があんまり好きじゃないみたい。
お母さんが意外と食べてるのでびっくり。
餃子餃子うるさいけど。

自強号の時間まで小一時間ほどあるので台北駅北のほうへ。
マッサージしたかったけどマッサージ屋さんみつからず。
地下街へ入る。
このあたりでみんな歩きつかれて足が痛くなってきたみたい。
地下街の一角がオタク向けな感じ。
古本が大量に売っていたり(日本の漫画の台湾版)ゲーム屋があったり
おもちゃ屋(フィギュアとかね)があったり。
マッサージ屋さんを探してうろうろしてましたが、
最終的に見つかったのは自強号の出発時間の30分前。
無理だわ。残念。
ちなみに台北駅の1Fに2件ほどありました。

14時30分自強号で瑞芳へ。
みんな寝てしまったので一人「世界の車窓から」。
40分ほどの旅でしたが飽きずにすみました。
GJ脳内石丸謙二郎。
途中の景色は南国でしたね~。

瑞芳駅からはバスにしようかタクシーにしようか
迷っていると客待ちのタクシーの運ちゃんが寄ってきました。
150元と言われて「高っ!」と思わず口走ると
手招きしてタクシーが並んでるところの一番前に連れて行かれる。
そこには看板があって「瑞芳から九イ分は一律150元」と。
決まっているんですね。
きっと問題あったんだろーなー(故宮博物院前の客待ちタクシーみたいな)

で、タクシー分乗でいざ九イ分!!
ちょースリリング☆
曲がりくねった坂道を登って行くんですが
けっこうなスピードで、おそらくデートに行く2人乗りのスクーターと
抜きつ抜かれつ進むわけです。
よく事故らないな~。

セブンイレブンのとこらへんに下ろされました。
そんでその脇から入って行きます。
すごい人!!
気になるお店とか食べ物とかあってもちょっと立ち止まるのを
躊躇しちゃう感じです。
日本人とかいっぱいなのかしら?と思っていたんですが
ほとんどが中国語圏の方(台湾の方だけじゃなくて大陸のほうからも観光に来てるっぽい)
圧倒されます。

海が見えるところで引き返して「九イ分茶房」でお茶。
お高目なところなんですが、雰囲気はバツグンだと思います。
内装も景色も。
妹はこちらで茶器を購入。

階段のところはあまり人がいなくてこれまた意外な感じ。
あそこがメインじゃないの~?
妹と「千と千尋」ごっこしながら降りていきました☆

降りたところで日本じゃとてもやらない強引さで
タクシーを捕まえて瑞芳駅へ。
あらかじめ指定席券を買っておいたのですが
号車がばらばらになってしまい、
私と弟はひとりづつ乗り込みました。
私が自分の席に言ってみると幼子が爆睡中。
とてもじゃないけど起こせないよ…。とあきらめて
弟のいるところに移動。しようとしたところ中から行けない!!
次の駅で降りてダッシュして乗り込む。が扉が手動でなかなか開かなくて焦る!
冷や汗かきながら乗り込こんでおねいちゃん特権で席を強奪。

松山駅について降りようとしたところ、
隣のおじさまの足が悪いことが発覚。
なんでそんなことを重要な感じで取り上げるかって言いますと、
私が来る前に弟が自分の席に座っていたおばさん(おじさんの連れ)に
乗車券を見せてどいてもらったんです。
そしたら(もちろん)華語でなんか言われたんですが(おそらく足が悪いとか)
わからなかったので首を振ったんです。
するとプンプン怒っておばさんは別の車両に。
弟は降りる段になるまで全然わからなくて。
で、なんとも申し訳なくて2人で追いかけて指さし帳で
「ごめんなさい!」とあやまりに行きました。
おじさまは笑って「It's OK!It's OK!」と言って下さったのでよかったです。

さて、松山駅を出てほんとに目の前ある「饒河街観光夜市」に到着!
駅を出ると豪華絢爛な廟が!
もう日が暮れていたのでライトアップされてキレイです。
その横に夜市の入り口があります。
入り口のところにある胡椒餅屋さんは噂通りの行列!
(結局今回の旅では胡椒餅食べれず。非常に無念)
ここの夜市は通路の真ん中に店が出ておりその横を通って行きます。
右側通行で最後まで行ったら逆側を戻る感じ。
ガチョウを頭までこんがりと焼いてるお店・スッポンかぶりつく娘さん。
ここの夜市はローカルなところらしく普通にみなさん晩ご飯中なのです。
父母おじちゃんはちょっと圧倒されてしまってなにも買わずに見物でした。
若者チームはスイカジュースとかお肉の包とかを買って食べながら歩く。
スイカジュースはおじちゃんがすごい気に入ってた。
「スイカの残り汁はうまいからな。」
ごもっとも!(笑
ここでは下着屋(店舗になってるやつ)から下着を万引きして逃げるオヤジを目撃したりも。

ちょうどご飯時だったこともあって座って食べることが出来ないと判断。
民権西路まで戻ってご飯にしようと言うことに。
九イ分で歩き疲れてしまったこともありタクシー分乗。

昨日に引き続き晴光市場の餃子屋さんに。
父も母もお気に入りらしい。
今回はちょっと食べて夜市で買って食べようということに。
手羽先とか豚の血のかたまりとかを焼いてもらう。
昨日買った鶏の唐揚げ(八角風味)とか。
妹はポンカンジュース・私をレモンジュースを買ってみたり。
またこれがさっぱりしてておいしい☆
夜市の入り口に机と椅子が置いてあるのでそこでビールを飲みながら食べました。

いったんホテルに戻ってから母と妹とマッサージへ!
足裏マッサージね。
すごく足が軽くなったけど、チョー痛かった。
(翌日妹がこの日私がやってもらった人にあたったんだけど
彼のマッサージが痛いらしいことが発覚。)
【2006/03/11 00:42】 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
台北1日目
昼過ぎにおじちゃんと成田で待ち合わせ。
私・妹・弟は一緒に。
弟は前日からうちに泊まってました。

チェックインを済ませ、お茶したりみやげ物屋を冷やかしたり。
早めに中に入ろうとゲートを通るが、案の定「ピンコン♪」
ここ数年すんなり通れたためしがありません。
なんだかんだと忘れて身に着けてる私が悪いんだけどさ。

免税店でつい一週間前に買ったヘレナのローションを見つけてがっくり。
失敗した…。なんで忘れてたんだろう。

15時半ごろキャセイパシフィックにて出発。
機内食はなかなかおいしかった☆
熊本上空あたりで気流の乱れがありガクブル。
落ちる(高度が下がる)感覚はいつまでたってもなれないよ~。

18時半ぐらいに台北・中正空港に到着。
ガイドさんに連れられてホテルへ。
ホテルは華国大飯店(インペリアルホテル)。
こじんまりしててキレイ。
ロビーとかかわいい。

翌日九イ分(にんべんに分)にいくための自強号のチケットを買いに台北駅に向かう。
おじちゃんはちょっとホテルで休憩。
タクシーでMRT「民権西路」駅に向かおうとするが、私の中国語通じず。
中国語学科だったことは秘密です。
とりあえず地図を見せて事なきを得る。
運ちゃんありがとう。

列車の予約は21時までということでちょっとあせる。
窓口を見つけたのはいいが不安になりインフォメーションへ。
中国語で聞いてみるもまたしても通じず。
結局英語で聞いたりしてみたりして。もちろんカタコトデスヨ。
窓口では行き先と列車番号を紙に書いて渡す。
しかし、行き先とか間違ったり。
窓口のおねえさんが「違うよ~」って感じで教えてくれて
華麗に大体同じぐらいの時間のをとってくれました。
おねえさんありがとう。

ホテルに戻るときはMRTの駅から歩いて位置を確認。
途中夜市も確認。
晴光市場。
まだまだにぎわっていたので父母が着いたら
ここでご飯食べようということに。

関空組が22時ぐらいに到着する予定。と思ってロビーでまってみたが
いつまでたってもこない。
夜市は24時ぐらいまでってことでちょっとあきらめムード。
おじちゃんはつかれてしまったということで就寝。

23時半ごろパパ上ママ上が到着。
関空でどっかの飛行機がトラブルで飛べなくなり、
そのしわ寄せで1時間ほど遅れてしまったらしい。
急いで夜市へ。
けっこう閉まっていたので、晴光鍋貼(餃子)へ入る。
水餃子・焼き餃子・スープなどを食べる。
父母もご満悦。
帰りに屋台でから揚げ(辛くて八角風味)ホットドッグ・釈迦頭を買い
コンビニでビールを買ってホテルへ。
ちょっと飲んで就寝。
ちょっぴり待ち疲れしちゃったなー。
【2006/03/10 00:03】 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

むらこ

  • Author:むらこ
  • 野球が好きだったり
    まんがが好きだったり
    ゲームが好きだったり。
    広く浅く多趣味で飽きっぽいのは
    物心ついた時から治っていませんが気にしない!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。