思ったり思わなかったり。
日記と称した自分メモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
台北2日目
短い滞在時間で台湾を満喫するために7時に食事。
ほんとは早餐を屋台とか地元のお店でしたかったけど、
みんなにはきついかなと思い普通にホテルで。
でもおかゆとかおいしかった~。
フルーツはパッションフルーツとかスイカ。

9時ぐらいにつくように中正紀念堂へ。
実に中華的な建造物。敷地も広い。
それにしても暑い。
ノースリーブでいいぐらい。

9時に紀念堂の扉が開いて中で衛兵が見張りの位置につく。
すごく高さのある厚さ30cmほどの扉が徐々に開いていく様はちょっとゾクゾクしました。
ホントは衛兵の交代も見たかったんだけど今回はあきらめる。

そこから歩いて総統府へ。
とても素敵な建物。ちょっと東京駅っぽい。
同時代ぐらいなので当たり前かしら?
ここでも見張りの人たちが。ここのほうが圧倒的に多い。
後ろにとまっていた車で憲兵の人たちだとわかる。
そのまま裏の「国軍歴史文物館」へ。
ちょうど憲兵展をやっていた。
若い女の子がなぜか多くて、現在の憲兵のSATみたいな人形と写真を撮ってた。
なんかドラマとかやってるのかも。

そこからタクシーに乗って今度は迪化街(てきかがい)へ。
ちょっと時間が早くてあまりお店が開いていない。失敗。
しかも漢方のにおいにやられ気味。
早々に台北駅へと向かう。
新光摩天展望台に登ろうとしたけどやってないみたいで残念。
ご飯を食べるために三越の裏ぐらいへ。
チェーン店ぽい牛肉麺屋さんへ。
八角が利いてておいしい。
弟とおじちゃんは八角があんまり好きじゃないみたい。
お母さんが意外と食べてるのでびっくり。
餃子餃子うるさいけど。

自強号の時間まで小一時間ほどあるので台北駅北のほうへ。
マッサージしたかったけどマッサージ屋さんみつからず。
地下街へ入る。
このあたりでみんな歩きつかれて足が痛くなってきたみたい。
地下街の一角がオタク向けな感じ。
古本が大量に売っていたり(日本の漫画の台湾版)ゲーム屋があったり
おもちゃ屋(フィギュアとかね)があったり。
マッサージ屋さんを探してうろうろしてましたが、
最終的に見つかったのは自強号の出発時間の30分前。
無理だわ。残念。
ちなみに台北駅の1Fに2件ほどありました。

14時30分自強号で瑞芳へ。
みんな寝てしまったので一人「世界の車窓から」。
40分ほどの旅でしたが飽きずにすみました。
GJ脳内石丸謙二郎。
途中の景色は南国でしたね~。

瑞芳駅からはバスにしようかタクシーにしようか
迷っていると客待ちのタクシーの運ちゃんが寄ってきました。
150元と言われて「高っ!」と思わず口走ると
手招きしてタクシーが並んでるところの一番前に連れて行かれる。
そこには看板があって「瑞芳から九イ分は一律150元」と。
決まっているんですね。
きっと問題あったんだろーなー(故宮博物院前の客待ちタクシーみたいな)

で、タクシー分乗でいざ九イ分!!
ちょースリリング☆
曲がりくねった坂道を登って行くんですが
けっこうなスピードで、おそらくデートに行く2人乗りのスクーターと
抜きつ抜かれつ進むわけです。
よく事故らないな~。

セブンイレブンのとこらへんに下ろされました。
そんでその脇から入って行きます。
すごい人!!
気になるお店とか食べ物とかあってもちょっと立ち止まるのを
躊躇しちゃう感じです。
日本人とかいっぱいなのかしら?と思っていたんですが
ほとんどが中国語圏の方(台湾の方だけじゃなくて大陸のほうからも観光に来てるっぽい)
圧倒されます。

海が見えるところで引き返して「九イ分茶房」でお茶。
お高目なところなんですが、雰囲気はバツグンだと思います。
内装も景色も。
妹はこちらで茶器を購入。

階段のところはあまり人がいなくてこれまた意外な感じ。
あそこがメインじゃないの~?
妹と「千と千尋」ごっこしながら降りていきました☆

降りたところで日本じゃとてもやらない強引さで
タクシーを捕まえて瑞芳駅へ。
あらかじめ指定席券を買っておいたのですが
号車がばらばらになってしまい、
私と弟はひとりづつ乗り込みました。
私が自分の席に言ってみると幼子が爆睡中。
とてもじゃないけど起こせないよ…。とあきらめて
弟のいるところに移動。しようとしたところ中から行けない!!
次の駅で降りてダッシュして乗り込む。が扉が手動でなかなか開かなくて焦る!
冷や汗かきながら乗り込こんでおねいちゃん特権で席を強奪。

松山駅について降りようとしたところ、
隣のおじさまの足が悪いことが発覚。
なんでそんなことを重要な感じで取り上げるかって言いますと、
私が来る前に弟が自分の席に座っていたおばさん(おじさんの連れ)に
乗車券を見せてどいてもらったんです。
そしたら(もちろん)華語でなんか言われたんですが(おそらく足が悪いとか)
わからなかったので首を振ったんです。
するとプンプン怒っておばさんは別の車両に。
弟は降りる段になるまで全然わからなくて。
で、なんとも申し訳なくて2人で追いかけて指さし帳で
「ごめんなさい!」とあやまりに行きました。
おじさまは笑って「It's OK!It's OK!」と言って下さったのでよかったです。

さて、松山駅を出てほんとに目の前ある「饒河街観光夜市」に到着!
駅を出ると豪華絢爛な廟が!
もう日が暮れていたのでライトアップされてキレイです。
その横に夜市の入り口があります。
入り口のところにある胡椒餅屋さんは噂通りの行列!
(結局今回の旅では胡椒餅食べれず。非常に無念)
ここの夜市は通路の真ん中に店が出ておりその横を通って行きます。
右側通行で最後まで行ったら逆側を戻る感じ。
ガチョウを頭までこんがりと焼いてるお店・スッポンかぶりつく娘さん。
ここの夜市はローカルなところらしく普通にみなさん晩ご飯中なのです。
父母おじちゃんはちょっと圧倒されてしまってなにも買わずに見物でした。
若者チームはスイカジュースとかお肉の包とかを買って食べながら歩く。
スイカジュースはおじちゃんがすごい気に入ってた。
「スイカの残り汁はうまいからな。」
ごもっとも!(笑
ここでは下着屋(店舗になってるやつ)から下着を万引きして逃げるオヤジを目撃したりも。

ちょうどご飯時だったこともあって座って食べることが出来ないと判断。
民権西路まで戻ってご飯にしようと言うことに。
九イ分で歩き疲れてしまったこともありタクシー分乗。

昨日に引き続き晴光市場の餃子屋さんに。
父も母もお気に入りらしい。
今回はちょっと食べて夜市で買って食べようということに。
手羽先とか豚の血のかたまりとかを焼いてもらう。
昨日買った鶏の唐揚げ(八角風味)とか。
妹はポンカンジュース・私をレモンジュースを買ってみたり。
またこれがさっぱりしてておいしい☆
夜市の入り口に机と椅子が置いてあるのでそこでビールを飲みながら食べました。

いったんホテルに戻ってから母と妹とマッサージへ!
足裏マッサージね。
すごく足が軽くなったけど、チョー痛かった。
(翌日妹がこの日私がやってもらった人にあたったんだけど
彼のマッサージが痛いらしいことが発覚。)
スポンサーサイト
【2006/03/11 00:42】 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<台北3日目 | ホーム | 台北1日目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakanakana.blog5.fc2.com/tb.php/92-38dbd710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

むらこ

  • Author:むらこ
  • 野球が好きだったり
    まんがが好きだったり
    ゲームが好きだったり。
    広く浅く多趣味で飽きっぽいのは
    物心ついた時から治っていませんが気にしない!

最近の記事

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。